インプラント治療を検討している方、大

インプラント治療を検討している方、大

インプラント治療を検討している方、大

インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してちょーだい。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してちょーだい。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害するはたらきをします。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はさまざまな事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、ご飯に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特質として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療の問題点をあなたがた、入念に調べたと思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありないでしょう。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られないでしょう。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。
歯科治療の一環として、インプラント治療もさまざまな点で、失敗が起きる可能性があります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行なわれていれば本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行なわれていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけないでしょう。
長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

ホーム RSS購読 サイトマップ